スイーツ好き女性は注意!食べ過ぎで体臭がキツくなる食品

体臭全般がきついなら、食生活の見直しをしたほうが良いでしょう。すなわち食べ物も体臭に影響するということです。食べ過ぎに気をつけたい食品があります。

 

取りすぎると体臭がキツくなる食品や食材を紹介します。その際食品そのものではなく、その成分が多く含まれている食材に気をつけるようにして下さい。

 

というのも、自分でも気付かないうちに多く摂取してしまっているものがあるかもしれないからです。

 

肉をよく食べる

先ず真っ先に気をつけたいのは肉をよく食べている人です。欧米人の体臭がきついと言われる所以ですが、食文化の欧米化が進んだ日本人もそうです。

 

現代の日本人は食生活が肉食傾向になったため乳酸菌が少なくなり、腸内環境の乱れで悪玉菌優勢となります。

 

すると腸内異常発酵でガスが発生します。そのガスが血液で全身に運ばれ汗とともに出て体臭となってしまうわけです。

 

動物性脂肪

肉や乳製品に多く含まれているものが「動物性脂肪」です。カロリーやコレステロールが高く、食べ過ぎに注意している女性も多いです。

 

スイーツ好きの女性や、コーヒーショップのたっぷり生クリームを入れたコーヒーを毎日飲んでいる人は要注意です。牛乳や生クリーム、バターには乳脂肪がたくさん含まれているからです。

 

チーズは発酵食品なので腸内環境を整えるメリットがありますが、動物性脂肪であることには変わりありません。

 

肉食女子だけでなく毎日のように甘いラテやカプチーノを飲む人、生クリームやバターをたっぷり使ったスイーツがやめられない女性は注意して下さい。皮脂の分泌量が増えるためニオイ発生の危険度は増大します。

 

唐辛子を使った料理

唐辛子を使ったエスニック料理やアジア系料理は一長一短です。冷えがちな女性の体を温めてくれるメリットがあります。

 

しかし刺激的な味わいは交感神経を刺激するため、汗の分泌を高めます。ニオイの強い汗を出すアポクリン汗腺も刺激するので、一時的とはいえ臭くなりやすいです。

 

たまに食べる程度なら問題ありませんが、週に何度も食べたり七味唐辛子をドバドバ食べ物にかけないと気がすまないなど、激辛フリークになってしまうとニオイがもれなくついてきます。

 

体臭の対策・揚げ物が好きなら出来たてを!

日本人は欧米人に比べて腸が長い特徴があります。そのため動物性の食べ物が長く留まる傾向にあります。動物性の脂肪やタンパク質を分解する酵素を出すのも得意ではありません。

 

長い間米食文化で暮らしてきた日本人は、米などの炭水化物を分解する酵素を分泌するのは慣れています。しかし動物性の脂肪やタンパク質は苦手です。

 

とりすぎれば便秘の原因にもなるし、口臭や体臭の元になるのは間違いありません。

 

油で揚げた食べ物はできるだけ揚げたてを食べるようにしましょう。時間がたてばたつほど酸化が進み、活性酸素を体内でたくさん発生させてしまいます。

 

また古い油や使い回しの油で揚げている食べ物も避けるべきです。いくら保存料が進化しているとはいえ、スタートの時点で酸化が進んでいます。

 

そのため加齢臭や酸化臭につながりやすいと言えます。体臭や口臭がキツくなるような食材は食べる頻度を減らしましょう。

 

また胃が弱っている時や、便秘気味などの不調がある時はニオイがきつく感じることがあります。健康な状態でない時は控えるようにして下さい。

 

体臭の原因になっていないか食事の見直しを

体臭予防としては野菜や魚中心の和食を食べることです。腸内環境を整えるものや、緑黄色野菜、果物などもおすすめです。

 

めかぶや藻付、昆布など海藻類のヌルヌル成分を毎日食べるのも良いでしょう。血液をキレイにし、体臭や口臭を防ぐ効果があります。

 

水分不足は体液を濃くして体臭をきつくするので、こまめに水分補給することも体臭改善には大切です。臭いを隠すことよりも、体質をしっかり改善するくらいの気持ちで抗酸化を心がけた食生活が良いでしょう。

 

体臭改善のための対策としては、食事の見直しをすることが一番です。肉はもちろんのこと、動物性脂肪、唐辛子の食べ過ぎは体臭の原因となってしまいます。

 

汗=ニオイではなく、時間と共に雑菌で分解されてニオイとなるので、なるべく皮膚を清潔に保つようにすることも大切です。