今年の夏は連日猛暑!熱中症対策は「汗」がキーポイント

今年は全国各地で気温35度以上の猛暑日が続いています。汗に悩まされている人は少なくないでしょう。「メイクが崩れるし脇に汗染みができて恥ずかしい。臭いだって気にあるし…。」

 

なるべく汗をかきたくないものですが、実は汗には重要な役割があります。汗が出ないことは様々な危険な症状を引き起こすこともあるのです。むしろ汗が出なければ大きなトラブルになりかねません。

 

大学院教授の話を元に汗のメカニズム、汗や皮膚にまつわる疾患についてまとめました。

 

汗の大切な役割とは?

汗は臭いや汗染みのように嫌な面に注目が集まりがちです。しかし体が健康な状態を維持するための大切な役割を持っています。それは「体温調節」と「保湿作用」の二つです。

 

体温調節

代表的な汗の機能をいくつか挙げると、まず一つ目に体温調節の機能があります。例えば真夏の暑い日に家の軒先に打ち水をしたことがありませんか? 水が蒸発するときに生じる気化熱は地面から熱を奪い、温度を下げます。

 

汗にも同じような効果があります。体温の上昇に伴い汗をかくことで、気化熱を利用して皮膚を冷やします。こうして体温の調節をしているのです。通常健康な人であれば環境と体温上昇に応じて、暑い日にはその分たくさん汗をかいて体温調節をしています。

 

保湿作用

2つ目に汗には保湿作用があります。人間のほぼ全面の表面に分布しているエクリン汗腺から作られるのが弱酸性の透明な体液である汗です。

 

主な成分としてナトリウム、カリウムなどの電解質、尿素、ピルビン酸、乳酸、抗菌ペプチド、たんぱく分解酵素、たんぱく分解酵素を阻害する物質などが含まれています。

 

豊富に含まれている乳酸ナトリウムと尿素は水との親和性が高く、天然保湿因子として皮膚の潤いを維持する作用に貢献しているのです。皮膚の保湿にはこういった汗の成分が大きく貢献していて、汗をかけない人は乾燥肌になっていきます。

 

汗をかかない人は熱中症のリスクが高くなる!

汗が出過ぎて困っている人からすると、汗が出ないのであれば面倒でなくていいと思うかもしれません。しかし汗が出ないことは様々な症状を引き起こすことがあるのです。

 

人間は高くなった体温を下げるために汗をかきます。肌の表面で汗が蒸発して、肌の表面の温度を下げる働きがあります。ところが汗が出ないと体内に熱がこもってしまいます。

 

体温調節に必要な発汗量が得られないと体内に熱がこもり、この状態を「うつ熱」と言います。「うつ熱」になると皮膚の温度だけでなく体温も調節できないので、熱中症になりやすく重症化しやすい傾向にあります。

 

当然体温と皮膚の温度は上昇します。皮膚は乾燥し、さらに病原体への抵抗性が損なわれるでしょう。たとえば体重70㎏の人が体温を1度下げるためには、100㏄の汗をかく必要があります。

 

熱中症の増加は問題になっていますが、この背景には発汗の低下も関わっていると考えられています。

 

いい汗をかくには生活習慣の改善が重要!

いい汗をかくにはまずは何より運動です。ウォーキング、ジョギング、水泳などの有酸素運動がおすすめです。1回に20分ぐらい、週に1,2回のペースで行うと良いです。またエアコン使う時は、外気との温度差は5度以内に抑えるようにしましょう。

 

良い汗をかくには半身浴もおすすめです。冷えていた内臓が少しずつ温かくなり、習慣にすると血管が広がりますし、汗をかくことができるようになります。

 

発汗を促す食べ物で代表的なものはショウガです。他には香辛料やローズマリー、バジル、ラベンダー、クラリセージなどのハーブ類を料理に使うのもおすすめです。

 

まとめ:

汗をかかないほうがいいと思われがちですが、体温調節を行い皮膚を守る役割があります。汗をかかないことは決していいことではないので、早急に対応すべきです。自身の食生活や暮らしを見直し適度にいい汗をかきたいものです。

 

気持ちよく汗をかいて健康な体を作りましょう!