体臭の種類とその原因!ニオイを防ぐ3種類の食べ物

人の皮膚には特に臭いはありません。主に皮脂や汗が細菌によって分解されることで臭いが発生します。汗の分泌腺から出た汗の成分が細菌などで分解されて特殊な臭い物質になり、それが体臭の原因になります。

 

体臭といっても汗や口臭、加齢臭など、原因となる臭いは色々あります。体臭の種類とその原因について紹介します。

 

汗の臭い

夏の暑い時期に一番気になるのは汗の臭いです。汗の臭いの原因となるのが皮脂の汚れや雑菌です。

 

本来汗は無臭といわれていますが、生活習慣の乱れや食生活の乱れなどで脂分の多い食事をよく摂っていると皮脂腺から油脂成分が多く出るようになり、悪い汗と混ざることで臭いを出すようになります。

 

汗が臭う原因

全身に分布する汗腺から出る汗はほとんど水分で臭いはありません。一方で脇の下やおへそ周辺など体の一部だけに分布し、毛穴と出口を共有している汗腺をアポクリン腺といいます。

 

この汗の成分が細菌などで分解され独特の臭いを発します。本来の機能は体温調節ではなく、体臭となる汗を作り出すことです。異性を引き付けるフェロモンのような役割を担っています。これが強くなると腋臭(ワキガ)といいます。

 

加齢臭

40代になると気になってくるのが加齢臭です。閉経を迎える年代は女性ホルモンより男性ホルモンの働きが活発になり、加齢臭が出やすくなります。

 

活性酸素により細胞が酸化しやすくなっており、皮脂の酸化を強めて加齢臭が強く出るようになります。女性の加齢臭はチーズのような臭いなどと表現されることもあります。脂の臭いの一種といえます。

 

加齢臭が出るのは耳の後ろ、Tゾーン、頭皮、胸元、背中など上半身に集中しています。電車の中や立ち話などしている時に周囲の人に気づかれやすいと言えます。それを思うと対策は必要なようです。

 

加齢臭の原因

人の体には皮膚の潤いを保つために皮脂を分泌する皮脂腺があります。年齢を重ねるうちにこの皮脂が増加します。増加する脂質と結びつき分解、酸化してできるノネナールという物質が加齢臭の元になります。男女共通のものであります。

 

酸化した皮脂が原因となっているので、皮脂腺が多い所から臭いやすい事がわかっています。

 

加齢臭の原因物質はノネナールといわれるものです。ノネナールは過酸化脂質により酸化され、独特の臭いを発します。臭いの強さは個人差がありますが、女性の方が弱いようです。

 

口臭

口の臭いって人と話すときに気になりませんか? 相手が顔を背けたり鼻に手をやったりすると心配になりますよね。自分の臭いは分かりにくいので、口臭は余計に気をつけないといけません。

 

口の中にはいつも湿気があります。食べカスなどで雑菌がついて臭いを発しやすくなっているのです。唾液の抗菌作用で口臭も抑えられていますが、起床時や空腹時、緊張した時などは唾液の分泌が減ります。そのためいつもより口臭が強く感じることがあります。

 

便臭

食べ物が消化吸収された残りのカスが便です。その残渣にはメチルメルカプタンという臭い分子が必ず含まれています。豆、玉ねぎなどに多くに含まれています。これだけなら便は臭いはあっても悪臭ではないです。

 

しかし臭くなるはずがない便が臭い便になることがあります。これは食べたものによって影響されますが、臭いの元は腸内細菌によりたんぱく質が分解されてスカトール、硫化水素、アンモニア、インドールという物質です。

 

腸の働きが弱い時は臭いは弱くなり、便秘などで腸内の滞留時間が長くなると臭いが強くなります。腸内で異常発酵し腐敗臭になることが臭くなる原因です。

 

女性特有の臭い

女性の体臭は月経周期に伴い変化します。月経前にホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂分泌量が増加します。すると皮脂腺中の脂肪酸が酸化して、体臭が強まります。

 

頭皮の臭い

頭の皮脂に細菌が繁殖すると臭いが発生します。フケは頭皮の角質細胞が自然に剥がれ落ちたものです。細菌の栄養分になるため、フケの多い人は頭皮に臭いが強まることがあります。

 

足の臭い

足は日ごろ靴下や靴に覆われていることが多いため、足の温度は上昇し汗をかきやすくなっています。足の裏には汗腺が集中していることもあり、特に汗をかきやすいです。放置すると細菌により脂肪酸に分解され、臭いを発するようになります。

 

体臭を予防してくれる食べ物

体臭を軽くしてくれる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか? 体臭を抑える食べものは抗酸化食品、アルカリ食品、腸内環境を整える食品があります。レモン、梅干しなど酸っぱい物や豆類、野菜、きのこ類、フルーツ、海藻、ごまなどがおすすめです。

 

抗酸化食品

野菜やフルーツ、ゴマには抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEもたっぷり含まれています。これらは体内の活性酸素を抑制する効果があり、体臭を予防してくれます。

 

ビタミンC,E、βカロテン、カテキン、ポリフェノールなどが多く含まれる緑黄色野菜、緑茶などを積極的に摂るようにしましょう。

 

リンゴ、ブルーベリーなどポリフェノールを含む食材は、過剰な活性酸素の働きを抑え体臭予防に役立ちます。抗酸化作用のあるキウイ、ナッツ類などもおすすめです。

 

アルカリ食品

豆類、野菜、フルーツ、海藻などはアルカリ性の食品です。酸性の食べ物が持つ臭いの原因をアルカリが中和してくれます。これらの食材は食物繊維も豊富で腸内をきれいにしてくれる働きがあり、腸の汚れによる体臭を消す効果が期待できます。

 

お酢や梅干し、海藻類などは体内での乳酸などの産生を抑えて臭いを抑制するため、疲労回復効果にも期待できます。レモンや梅干しなどはクエン酸が豊富で肉類などのたんぱく質を分解する働きがあります。汗とともに出るアンモニア臭などを消してくれます。

 

腸内環境を整える食品

納豆やみそヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維、オリゴ糖などを摂ることで、腸内環境を整えて善玉菌の働きを活発にします。腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことができます。腸内で悪臭成分の産生を抑制し、ニオイ物質を便とともに体外に排出します。

 

ゴボウなどの根菜類、きのこ類、海藻類は食物繊維が豊富です。老廃物を体外に排出することをサポートします。