体臭を消す(防ぐ)方法!食生活を工夫するだけで簡単です

体臭や汗は気にするのに食生活の基準が「安い、手軽、面倒くさくない、おいしい」となっていませんか?

 

毎日自分で料理して、新鮮で作りたてのうちに食べなさいというのは難しいだろうと思います。そんなあなたでも簡単に食生活を改善することができます。

 

今の食生活にチョイ足しをするのがおすすめです。発酵食品、果物、ネバネバ系、お酢、豆腐などを無理のない範囲で食習慣として取り入れるだけです。

 

発酵食品

日本だけでなく各国の伝統的な食品の多くが発酵食品です。日本で言えば糠味噌や納豆、味噌、醤油ですね。韓国ならキムチ、ブルガリアならヨーグルト。ロシアはケフィアでしょう。

 

保存食であり伝統的な食品でもある発酵食品には、乳酸菌や酵素がたっぷり入っています。肉をよく食べる女性は肉を食べたときにキムチや漬物、味噌汁などの発酵食品を必ずちょい足ししてみて下さい。

 

発酵食品は腸に善玉菌を送り込み、腸内環境を整える手助けをしてくれるありがたい食材です。有効に取り入れましょう。肉だけでなくて必ず発酵食品をお供にして下さい。

 

腸内環境を整えることで口臭を含め、ニオイ全般の改善が見られることがあります。

 

ジャンクフード大好きな人も発酵食品を足してみて下さい。コンビニでもキムチやぬか漬けは売っています。ヨーグルトも沢山の種類が売られていますので取り入れやすいと思います。

 

フルーツ

キウイフルーツやパパイヤ、パイナップルなどの南国系フルーツはタンパク質を分解する酵素が多く含まれています。肉が大好きな肉食女子は、これらのフレッシュフルーツをこまめに食べると良いです。

 

ただし糖分の多い缶詰、シロップ漬けでなくて生のフルーツが良いです。胃腸に長くとどまりがちな肉のタンパク質の分解を助け、消化を促してくれます。肉をよく食べる習慣があり、かつ便秘気味の女性は酵素でサポートするようにしましょう。

 

ネバネバ、ヌルヌル系食品

オクラ、山芋、めかぶ、藻付、納豆などネバネバ、ヌルヌルしている食材は、便通を促してくれる効果があります。

 

特に海藻類は肉やジャンクフードに絶対的に不足しているミネラルや食物繊維がたっぷり入っています。ちょっとしたことでイライラしがちなオス化女子にもおすすめ食材です。

 

お酢

お酢のクエン酸は体内の乳酸が増えるのを抑え、ツンとした汗の臭いを防ぐ効果があります。疲労臭が気になる女性は醤油の代わりにお酢を使ったり、毎日おちょこ1杯のお酢を飲んでみて下さい。

 

むせるような酸味が苦手ならはちみつやレモンを加えたり、マイルドな果実酢や黒酢を使ってみて下さい。炭酸水や豆乳を加えたサワードリンクなら毎日の習慣にしやすいでしょう。

 

豆腐

良質なタンパク質などの大豆の栄養素をギュッと凝縮した豆腐は、100円前後でどこでも体に入る庶民の味方です。

 

肉やジャンクフードの中に冷奴をプラスしたり、ダイエットで糖質を減らすのであれば、かわりに豆腐を加えてみて下さい。ホルモンバランスを整えたり、オス化を抑える効果も期待できます。

 

一番のおすすめはバナナ!

一番オススメなのが安価で栄養豊富なバナナです。カリウムやマグネシウムなど必須ミネラルが豊富に含まれています。朝食抜きの忙しい女性はバナナ1本でも良いので朝に食べてみて下さい。

 

満員電車のイライラ、バナナ1本あれば軽減できるかもしれません。またビタミンB6やアミノ酸など肌の健康と美容を保ってくれる栄養素が豊富です。

 

夜更かし&睡眠不足のお疲れ女子は、ぜひ美肌食として毎日食べてみて下さい。皮脂分泌が激しくてフェイスラインやデコルテがニキビだらけの肉食女子や酸化臭女子にもおすすめです。

 

必須アミノ酸のトリプトファンは、神経伝達物質で癒やしのホルモンとも言われているセロトニンの原料となります。ダイエットでキリキリしている時はバナナで栄養補給すれば、いやし効果を得られます。

 

体臭やオナラ、口臭などは食生活に大きく影響してきます。

 

ジャンクフードや肉類と野菜との比重で明らかに肉類、ジャンクフードのほうが多いようであれば、少し減らすようにして上記の食品を多く摂るようにしてみて下さい。バナナは皮を剥いたらすぐ食べれますし、栄養豊富なのでおすすめです。

 

体臭は体内からだけじゃなく外からでも対策可能です。デオドラント剤などの使用もおすすめします!