女性の臭いケアは夏だけでなく季節ごとのケアが必要です!

雑誌などで体臭やデオドラントが特集されるのは主に初夏や夏場です。確かに汗や皮脂の量は夏場に増えるので、当然と言えますが、本当に夏だけでいいのでしょうか? 実はニオイの元は年中無休で体から出ています。

 

夏だけケアすればOKではなく、季節に合わせたケアを心がけるようにしましょう!

 

冬場の汗はベタベタで臭いがきつくなりやすい

たくさん汗をかく夏に比べて、冬は汗をかく量が減って汗腺の機能も低下します。そのためアンモニアやミネラルなどを多く含んだベタベタした汗になります。臭いがきつくなりやすいのです。

 

どんなに外が寒くても電車に乗ると汗だくになったり、暖房が効きすぎたオフィスで脇の下に汗をかいたりすることも。そんな経験をした人も多いでしょう。

 

また季節に関係なく緊張したときやストレスがかかったときに、どっと汗をかくときもあります。

 

冬は厚着になるため通気性が悪くなります。そのため汗が蒸発しにくく蒸れて雑菌が繁殖し、ニオイを作り出してしまうのです。

 

1日着た服は夏でも冬でもしっかり洗うことが大切です。「今日は寒かったし汗をかいていないから洗わなくていいや」と洗濯しない衣類もありますよね。これがニオイの元になってしまうのです。

 

冬場は日照時間が少なく、神経性伝達物質のセロトニンの分泌が低下しがちだと言われています。そのため自律神経が乱れやすくなり、女性ホルモンバランスも乱れやすくなります。

 

寒さによる冷えだけでなく日照時間も大きく関係しています。その結果「オス化」が進んだり。加齢臭などのリスクも上る可能性があります。汗をかかなくても冬場は様々な要因があるので、注意が必要です。

 

春はストレスが多い季節

春も侮ってはいけません。気温が上がり花が咲き、重たいコートや分厚いジャケットを着なくても良くなります。気分的には上向きになるのが春と思っていたら大間違いです。

 

実は春こそ要注意なのです。日本社会では進学や就職などのスタートが4月に設定されています。新しい環境に適応しようとして無意識のうちにストレスがかかるようになります。

 

ストレスの原因は嫌なことばかりではありません。本人にとってプラスになる出来事もストレスになってしまいます。引っ越しや昇進、結婚などおめでたいことであっても環境の変化はすべてがストレスになることがあるのです。

 

この無意識のストレスは自律神経のバランスを崩したり、セロトニンの分泌を低下させたり女性ホルモンのバランスを乱したりします。

 

自分でも気付かないうちに体中は変化への適応で大変な状態になっているのです。これがニオイに繋がる可能性があります。

 

秋は夏バテで疲労臭が出やすい

冷房の効いた環境で長い時間過ごし、冷たいビールやアイスをとることがありますよね。そして暑い夏を何とか乗り切ったとします。

 

この体に蓄積された冷えが悪影響を及ぼすのは秋です。秋口に風邪をひいたり疲労感やだるさが出やすい人は、完全に夏のツケが回っている状態です。

 

これが夏バテの正体でもあります。こうなると疲労臭が出やすくなります。血行不良によって抜け毛がひどくなることあります。秋に抜け毛が多くなるというのは先ず夏のツケです。

 

また季節の変わり目には自律神経が乱れやすくなります。天候や気圧、気温の変化に対して身体が順応できずにバランスを崩してしまうのです。

 

春や秋など四季がある国ならではの曖昧な季節には、こうした見落としやすいポイントがたくさんあることを肝に銘じておきましょう。

 

臭いが強くなりがちな夏場の注意点

夏は汗をたくさんかくから臭くなりますが、何も汗だけが原因ではありません。これが現代女性の見落としがちな所です。なぜ夏場は臭いが強くなるのか汗以外の要因を考えてみましょう。

 

まず気温のギャップが挙げられます。屋外にいれば息苦しいほどの暑さですが、屋内は快適どころか冷えすぎる温度になっています。この体感温度のギャップで自律神経は乱れやすくなるのです。

 

気温だけでなく湿度もギャップがあります。外はムっとするほど高温多湿でも、オフィス内では乾燥してカラカラに。肌の調子が悪くなるのもこのギャップがあるからです。

 

本来なら暑いときに汗を出して体温を下げるよう調節されますが、汗を出そうとした直後キンキンに冷えた室内に入ると汗腺はどうなるかというと、軽いパニック状態になってしまいます。

 

これが自律神経やホルモンバランスを乱し、汗腺の機能を衰えさせる要因になるのです。

 

また栄養の偏りも夏特有です。暑いため、ついさっぱりした食べ物や冷たいもので済ませがちです。のどごしの良い麺類や果物だけで栄養バランスを崩しやすくなります。

 

ちゃんとした重めの食事を食べるのが億劫になり、サラダやフルーツばかり食べていると、エネルギー不足でダイエット臭を招きます。

 

逆に夏バテ防止のために肉や脂っこいものばかりを食べていれば、皮脂の分泌や酸化臭、疲労臭の原因になることも考えられます。

 

さらに夏はシャワー派に陥りやすいのが「ズボラ臭」だったり「酸化臭」や「疲労臭」です。暑いとお風呂に入るのが億劫になリ、シャワーだけで済ませてしまいます。

 

ただでさえ冷房によって体が冷えがちなのに、シャワーだけでは余計に冷えるだけです。代謝も低下してあやゆるニオイを内側から発生させてしまいます。

 

ニオイケアは汗だけではありません。自律神経やホルモンバランスを乱すこと、体調変化をもたらすもの、生活習慣や食習慣すべてがニオイにつながっていると言えます。