妊娠中は脇汗がすごいのはなぜ?ワキガの臭いを消す方法

「妊娠してから滝のような汗…」 「まるで風呂上がりって感じで髪までびっしょり」

 

妊娠に伴う体の変化に悩んでいる妊婦さんはいませんか? 「おめでた」はうれしいものですが、妊婦さんにとっては大変なことが多いものです。

 

たとえば妊娠すると体質が変わったりすることがありますが、ワキガのようなワキの臭いが気になったりすることがあります。以前より汗をかきやすくなった人も多いですね。

 

体温が高くなったり身体が熱を帯びると、やはり熱くなり汗をかきやすくなります。

 

悩んでいるのはあなただけではありません。実はほとんどの妊婦さんが、妊娠前より汗をかくようになったと感じています。妊娠した女性は赤ちゃんを育てるために、身体が変化するからです。

 

妊婦さんが汗をかきやすい理由

女性ホルモンのバランスにより妊娠初期に著しく変化し、一気に体温を高くする働きがあります。まず妊娠初期には身体がポカポカして熱っぽいなと感じやすくなります。

 

妊娠中期から後期になりお腹が目立つようになってくると、少しの動きでも疲れやすくなったり、身体が熱くなることがあります。

 

妊娠することでお腹はどんどん大きくなり、胎児の成長とともに重くなっていきます。その為疲れやすく動くだけでも暑くなってきます。また脂肪も付きやすいため体も熱を持ちやすくなります。

 

妊娠してから常に暑いと感じるのは病気ではありません。妊娠に伴う症状でほとんどの方が経験するものです。

 

ワキの体臭が気になってくる人も

妊娠すると女性の体は子供を育てるための身体へと変化していきます。そのためホルモンバランスが乱れ、脇にあるアポクリン汗腺が活発化してしまい、以前より脇汗が増えたと感じるのです。

 

脇の下にあるアポクリン腺という汗腺から出る汗は、他の部分の汗とは性質が違って臭いが強い特徴があります。やたらと汗をかきやすくなり、胸の下にかいた汗がひかないという人もいます。

 

また母乳を作るために乳腺が発達し、乳腺の血液が活発になることで周辺の体温が上がってしまいます。身体は体温を下げようとしますので、汗を出そうとすることで発汗量が増えてしまうのです。

 

元々ワキガ体質でなかった女性も妊娠すると、ワキの体臭が気になることも少なくないようです。

 

脇汗の汗染みを解消する方法

脇の汗は皮膚を締め付けられて密封された状態になり、蒸すことで発汗しやすくなります。止めようと思っても気にすればするほど、じわじわと脇汗が出てきてしまいます。

 

そんな事にならないように、しっかりワキ汗対策をしておきましょう。

 

脇汗による悩みを解消するには脇汗の臭いや汗ジミを抑えないといけません。気になる脇汗の匂いや汗染みを解消する効果的な方法を紹介します。

 

妊娠中で汗が気になる方は、ゆったりと通気性の良い服を選ぶようにして下さい。脇汗に効果のある制汗剤は多いですが、中には汗そのものを抑えてくれる制汗剤もあります。

 

ワキに直接塗ることで脇汗を1日抑えてくれるので、気になる汗ジミや臭いに悩まずに過ごせます。

 

リサラは珍しいジェルタイプの制汗剤で、話題の制汗剤の中でもトップクラスの人気アイテムです。脇パッドは欠かせないという女性でも、リサラをひと塗りするだけで脇汗から解放されます。

 

使い方は簡単です。リサラは市販の制汗スプレーと異なるクリームタイプです。リサラをいったん指に出してから肌に塗り込むので、成分がしっかり肌に密着して衛生的です。容器が細型チューブで雑菌が繁殖しにくいようになっています。

 

リサラのテクスチャーはいい感じの緩さです。パール粒大を手に取り、脇全体に塗るだけです。1回分がパール粒くらいで、脇からはみ出るくらいに塗るのがポイントです。

 

リサラの実力はモニター調査で実証されている91.7%の人が効果を実感しています!

リサラ