季節に関係なく大量の汗!汗っかきと多汗症の見分け方

暑くもないし特に緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いのは、汗かき、それとも何かの病気なのか、心配になりませんか? 今回は汗かきとの線引きが難しい、多汗症についてです。

 

誰でも運動した時や暑い時は汗をかきます。人の体は体温が上がると汗が出て、汗の蒸発とともに熱を発散して体温を下げています。必要以上に汗が出て、日常生活に支障が出るほど汗で皮膚の表面が濡れてしまう場合は、多汗症の可能性があります。

 

一方で、誰しも汗をかいてしまうような状況、たとえば激しい運動をした、気温が高い日などで人と比べて多く汗が出ているのは、汗っかきと言えます。

 

多汗症と診断される人

日本皮膚科学会の「多汗症診療ガイドライン2015年版」によると、明らかな原因がないまま部分的な過剰な発汗が6ヶ月以上続き、以下に上げる6症状のうち2項目以上が当てはまる場合、多汗症と診断されるようです。

 

  • 最初に症状が出るのは25歳以下であること
  • 対称性(身体の左右対称)に発汗が見られる
  • 睡眠中は発汗が止まっている
  • 1週間に1回以上多汗のエピソードがある
  • 家族歴がある
  • それらによって日常生活に支障をきたす

 

多汗症の種類

多汗症は年令や性別に関係なく見られる病気です。全身に広がるのは「全身性多汗症」といいます。体の一部、特に手のひら、足の裏、脇の下で発汗が増えているものを「限局性多汗症」といいます。

 

特に病気はなく、健康な人に発生するものを元発性多汗症、原因になる病気があり多汗が生じるものを、続発性多汗症といいます。続発性多汗症の原因となる病気は、感染症や悪性腫瘍、甲状腺機能亢進症、不安障害、神経疾患などがあります。

 

多汗症により手が湿っていて電子機器が壊れる、大切な書類が湿り破ける、人と握手できない、ニオイが常に気になるなど、日常生活に支障をきたして精神的な苦痛を感じているケースが多いようです。

 

また女性の場合は、更年期障害で汗の量が増えることがあります。下半身は冷えているのに、上半身に汗をかいているような場合は、更年期障害の症状によるものと考えられます。病院は婦人科を受診するといいでしょう。

 

多汗症を治療してもらいたい場合、多汗症の治療を行っている皮膚科を探して受診ができればベストです。近くに見つからないときは、皮膚科を受診して医者に相談してみて下さい。

 

多汗症の治療法

手のひら、足の裏に対しては塩化アルミニウム溶液(布手袋をはめ、塩化アルミニウム溶液をしみ込ませてゴム手袋で密閉する治療)、イオンフォトレーシス(専用の機器を使う直接電流を通電させる方法)があります。

 

またボツリヌス毒素局注といって、ボツリヌス菌を注射によって注入する方法があります。効果が長続きしませんが、脇の下に一定の効果を出しています。

多汗症

Posted by sakura