急激に首から汗が出て止まらなくなる!もしかして更年期?

  • 更年期で汗の量が多くなる原因突然カーっとのぼせる
  • 顔や首がほてる
  • 気温と関係なくどっと汗が出る
  • 赤面したような感じがする
  • 顔は熱いのに手足や腰が冷える
  • 夜中に大量の汗をかく

 

「もしかして更年期?と思ったきっかけは、突然の首や顔のほてりだった」というのが多くの女性に見られます。

 

首からどっと汗が噴き出るのは更年期だから?

首に大量の汗をかくのは、更年期障害によるフットフラッシュという症状が原因かもしれません。更年期になると自律神経が乱れることで体温調節が難しくなります。

 

ただし若い人が首の汗に悩んでいる人もいます。自律神経が乱れることで首などの部位に汗をかき悩まされることがあります。

 

なんの前触れもなく急にカーっとのぼせたりどっと汗が出たりするなど、仕事の大切な場面で急に顔がほてりを気にするほど症状が強くなったというケースもあります。

 

ほてりはエストロゲンなど女性ホルモンの分泌量の急激な減少で。自律神経が乱れ血管が拡張することで起こります。発汗は体温調節が不安定になることで起こると考えられています。

 

そもそも更年期とは?

女性が閉経を迎える前後数年づつで、だいたい40代半ば頃から50代半ばまでを言います。女性ホルモンの分泌が低下とともにホルモンバランスが崩れてきます。

 

更年期に現れる症状はホルモンバランスが崩れ、自律神経の調節がうまくいかなくなることが大きく関係しています。

 

自律神経は血液循環や体温調節など、自分の意志とは関係なしに体の機能を調節する働きを持っています。発汗作用もそのひとつです。

 

自律神経のバランスが崩れると発汗作用もおかしくなってしまうのです。

 

首に汗をかく大きな要因

首に異常に汗をかく人は自律神経の乱れを疑いましょう。自律神経とは自分で意識しなくても体のいろいろな機能を整えてくれる神経のことをいいます。

 

交感神経と副交感神経の2つがあり、バランスよく活動することで体調や精神をうまく整えています。汗を調節する交感神経が不調になるとコントロールができなくなり、汗に悩まされる原因になります。

 

体や精神的な不調に陥ることもあり、乱れがひどくなると自律神経失調症になることもあります。不規則な生活になりがちな現代人は乱れやすい傾向があります。

 

更年期の場合、特に顔などの上半身を中心に急激に汗が出て止まらなくなるのが特徴です。顔や首、胸などにぐっしょり汗をかきます。

 

手足は冷たいのに顔だけがほてり、首や胸にホクホクと滝のような汗をかきます。のぼせを伴うことも多く、めまいなど他の症状が出る場合もあります。

 

更年期の時期は様々な症状が現れるので、すべてが更年期によるものと決めつけてしまいがちです。実は他の病気だったということもあります。

 

更年期の症状は非常に多いです。日によって症状がコロコロ変わったり、いくつもの症状が重なって起こりますが原因は同じです。

 

卵巣機能の低下から女性ホルモンの急激な分泌量低下による自律神経の乱れで起こります。

 

首の汗を減らす対策

自律神経を正常にするには、ストレスを感じにくい健全な生活を送る事が重要です。食生活の改善も大切です。

 

食事は外食が多いという人は、自炊などで栄養の偏らない食生活を送りましょう。ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムを含んだ食材をまんべんなく食べるようにすればストレスを感じにくくなります。

 

運動不足気味の人は軽い運動を取り入れると、自律神経を活性化させて正常に働かせる効果をもたらします。ストレッチやウォーキングなどの運動でも効果的です。

 

自律神経の乱れは更年期だけでなく若い人にも起こります。首に多くの汗をかくのが辛いという方は日々の生活に気を配り、自律神経のバランスを整えることを心がけましょう。

 

大切なのは日常生活の改善、食事、運動、休息といった基本的なことが重要です。今までの生活を振り返り、生活習慣を見直してみましょう。そして常にリラックスした状態を意識して下さい。