汗の匂い対策に消臭サプリメントが効果的!

汗をかきやすい人にとって汗がだらだらと止まらないとつらいですよね。汗を全くかかないというわけにもいかないけど、ニオイがきつくなると、なおさらつらくなります。

 

自分のニオイというのはなかなか気づきにくいものです。例えば電車や映画館など人が密集する空間では、不快にさせる危険もあります。

 

汗が匂わないようにするにはどうすればいいのでしょうか? 汗の臭いの原因、臭いを消す方法について紹介します。

 

汗は何のために出る?

汗は汗腺から分泌される液体の事です。成分の99%は水です。残りはミネラル、尿素などを含んでいます。汗をかく行為は無意味ではなく、体の体温調節のために汗をかいて体を冷やしています。

 

このように汗は体温調節において非常に重要な役割を果たしています。体の中の老廃物を排出する目的もあります。このように汗をむやみに抑えると体内の毒素を排出できなくなってしまうことから、人間の体にとって汗は大切な機能のひとつなのです。

 

汗が匂う原因

人が活動するときはエネルギーが必要です。そのエネルギーが使われるとき、体内に熱が発生します。発生した熱をそのままにしておくと体温がどんどん高くなるため熱を放出する必要があります。

 

通常体温を調節するためにかく汗はエクリン腺から分泌されます。上記の通り成分の99%が水分なので汗が出た直後は全く匂いがしません。

 

しかしそのまま放っていくとその汗に皮脂や垢が混ざり、雑菌が繁殖して匂うようになってしまいます。汗そのものが臭うのではなく、汗を放っていくことで雑菌が増えるから臭ってしまうのです。

 

汗の匂いや体臭を対策、予防するには?

エクリン腺とアポクリン腺から汗が分泌されても、直後なら臭いはほとんどしないものです。皮膚に雑菌が繁殖することで匂いが発生します。特にアポクリン腺から分泌された汗は強い匂いとなり、周囲にも気づかれてしまうことがあります。

 

汗の臭いを消すにはいったいどうすればいいのかというと、雑菌が繁殖するのに1~2時間程度といわれるため、その間に汗を拭きとってしまいましょう。水で濡らしたタオルで拭くのが良いです。

 

汗をかいたときは早めに拭き取りましょう。汗の臭いは汗に含まれる成分が分解されることで発生するので、その前に拭き取れば大抵のニオイは防げます。

 

また汗がにおう人は汗腺が衰えていることも考えられます。汗腺は使われないと正しく機能しなくなることがあります。そのため匂う汗の原因になっているかもしれません。

 

適度な運動をしてある程度汗をかくことも大切です。特に運動が苦手な人は入浴で汗をかくようにするのも一つの手です。

 

汗の匂いを消すには食事を見直してみる

根本的に汗臭さ、体臭を何とかしたいのであれば、食生活を見直す必要があります。体臭ワキガ臭、汗臭さの原因になるのは肉類、ジャンクフード、脂分の多い食べ物、甘い食べ物などです。

 

どれも適量なら問題ありません。しかし毎日大量に食べているなら要注意です。これらの食べ物に含まれる脂質やたんぱく質は、たくさん摂ると分解されずに汗と一緒に出ます。

 

汗から出てきた脂質やたんぱく質は雑菌の大好物となり、汗をかいた部分に大量の雑菌が繁殖します。汗のアンモニア臭だけでなく雑菌臭までもがプンプン出てくるようになります。

 

動物性たんぱく質や脂質の多い食べ物ばかりでは皮脂の分泌を促し加齢臭の引き金になり、汗の臭いにも影響します。お肉や揚げ物の食べ過ぎは気を付けて下さい。

 

たんぱく質が体内で分解されるときにアンモニアが発生し、肝臓で処理できないと臭いの原因にもなります。便秘もアンモニア臭になります。お通じが良くなるように食物繊維の摂取を心がけましょう。

 

ビタミンCやビタミンEを含む野菜などは抗酸化作用があるので匂い改善に効果的です。積極的に摂ることをお勧めします。

 

匂い対策の第一歩

まずは汗をよくかける体になることです。よく働く汗腺ほどミネラルの再吸収力が高いからです。現代人はエアコンの効いた部屋にいたり運動不足で汗をかけなくなっています。

 

汗腺トレーニングでウォーキングやジョギングなど有酸素運動を取り入れてみて下さい。2~3週間続けることで衰えた汗腺の機能は回復してきます。

 

体臭で病気までわかります

体臭でどんな病気が分かるのかというと、例えば糖尿病の初期は尿や体から甘い匂いがします。進行すると甘酸っぱい匂いになるようです。

 

糖尿病が進行して糖がうまく代謝されなくなると、代わりに脂肪がエネルギー源として使われるようになります。この結果体内で生成されるのが「ケトン体」という物質です。甘酸っぱい匂いで「ケトン臭」と呼ばれています。

 

また糖質を制限するダイエットをしていると、同様に甘酸っぱい匂いが出ることがあります。このためケトン臭は「ダイエット臭」と呼ばれることもあります。

 

他にも胃もたれなどの胃腸障害があると、吐く息に酸っぱい匂いや腐敗臭が混ざることもあります。すっぱいのは胃酸の匂いです。腐敗臭は胃の働きが悪いため食べたものが胃の中に溜まって発生します。腐敗臭は他に歯周病や蓄膿症でも起こりやすいです。

 

ひどい便秘の場合便臭がすることもあります。便秘の場合は2つの経路で便の臭いが体臭に混ざる可能性があります。一つは便のニオイ物質が血流にのって全身を回ります。

 

もう一つは腸内のガスや胃、食道、気道へとゲップのように逆流するルートです。溜め込みすぎると良くないので、便秘は軽いうちに解消しておいたほうがいいです。

 

匂いを気にしすぎていませんか?

エチケットとして体臭を気にすることは大切です。消臭剤やデオドラント、使い捨ての汗拭きシートなどを使って、ケアしたり予防するのは大切なことです。

 

でも人を不快にしない程度の体臭は誰にもであるものです。最低限の予防、ケア、日々の入浴やシャワー、下着や肌着を清潔に保つことは必要ですが、それ以上に気にしすぎなくてもいいです。

 

しっかりケアしているのに体臭が気になるという場合は病気の可能性がありますので、医者に診てもらう必要があります。

 

近年清潔志向が強くなったことで、体臭に敏感になる風潮が広がっています。体臭が気になって人付き合いがうまくいかないと悩む人も珍しくありません。

 

まずは食事の改善やサプリメントなど、手ごろにできる対策から始めて内側からの臭いケアを行ってみてはいかがでしょうか。

 

汗の匂い対策に消臭サプリメント

体臭は腸内環境が大きく関わるといわれています。その人の生活環境や生活習慣が大きく食事も影響しています。

 

食生活が乱れたり不規則な生活で腸内環境が乱れてしまうと、体内に食べ物のカスが溜まります。腸内環境が悪くなりガスが充満すると、体臭悪化の原因になります。

 

NATUDEOはセンスピュール、シャンピニオン、デオアタックなど話題の成分を配合しています。さらにフラクトオリゴ糖、乳酸菌(イーエフパワー)の整腸作用に優れた成分をプラスしています。

強い体臭をケアするサプリ NATUDEOで内側から爽快に!