背中の汗を止めたい!人の目が気になる汗と臭いを取る対策

汗っかきの悩み

「夏は汗が目立つ色は着られないので、コーディネートが単調になりがちです。」

「夏場は明るい色のトップスが着たいけれど、汗染みが着になります。」

「背中の汗が酷いので夏は汗が目立たない生地のブラウスを着ています」

「背中の汗はどうしようもないので汗ジミと人の目が気になります。」

 

ものすごい量の汗が吹き出てくるし、出かけると身体に下着がはりついたり気持ち悪かったり。冷房で汗が冷えることも…。

 

ちょっとした移動や短時間の外出でも、背中に汗を感じることがあります。特に暑い季節は背中に服がくっついたり、べたついて不快な思いをします。

 

背中の汗をほうっておくと不快な臭いの原因になります。どうしたら背中を清潔に保ち、ニオイを予防できるのでしょうか?

 

背中に汗が出る原因

背中に汗をかくとシャツに汗じみができたりして気になります。背中はもともと汗をかきやすい部分です。なかなか自分では臭いを感じにくいかもしれませんが、他人からは意外と臭っていることが多いです。

 

汗を放置したままきつい臭いを拡散するのも困ってしまいますよね。自分自身のためにも、また周囲の人のためにも背中の汗のニオイ対策をしましょう。

 

背中の汗が出る原因は主に4つあります。

 

汗腺が集中している

腕や足やお腹に比べると背中は汗をかきやすい部分です。汗腺が非常にたくさんあるからです。背中は身体の中でも大きな面積を占めます。

 

身体が熱くなった時は体温を下げるために、たくさんの部分を一気に冷やしたほうが効率が良く、たくさんの汗腺が集中しているのです。

 

汗が放置されやすい

顔や首筋にかいた汗はタオルやウエットティッシュで簡単に拭くことができます。しかし背中は自分で拭くのは大変ですよね。結構面倒なので放置されやすいです。

 

すると汗や皮脂は衣類にどんどん吸い取られていきます。ただでさえ汗や皮脂の分泌量が多い背中は、雑菌が繁殖するのに絶好の場所です。

 

脂肪の摂りすぎ

汗の臭いは食生活と関係しています。脂肪を摂りすぎている場合皮脂の分泌が増えるため、汗の臭いの原因になります。 スナック菓子や揚げ物など脂肪のとりすぎに注意しましょう。

 

ニオイの原因となる皮脂の酸化を抑える食品もあります。緑黄色野菜、ナッツ類、海藻などの抗酸化作用の高い食品を積極的に摂りましょう。

 

更年期障害

突然大量の汗をかいた場合、病気の可能性があります。背中に大量の汗をかく時は「更年期障害」で体温の調節機能が衰えていることがあります。

 

更年期に入ると身体自体、または体の一部が火照るホットフラッシュと呼ばれる症状が見られます。急な頭痛感があり、身体が熱くなりだし大量の汗が出ます。

 

更年期に入ることで女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、自律神経が乱れることが主な原因です。体温調節が上手くできなくなり、急な火照りや冷えを引き起こします。

 

更年期障害で自律神経の乱れや体の冷えが起きると、背中から大量の汗が出ることがあります。改善するには生活習慣を見直し、自律神経の乱れを整えると症状を軽減できます。

 

食生活では減少した女性ホルモンを補うように、イソフラボンを含む大豆製品を摂取しましょう。また運動によって汗をかくと体温調節の機能を鍛えられます。ホットフラッシュの症状も抑えることができます。

 

症状が重い場合は医療機関を受診して診察を受けるようにして下さい。

 

背中の汗対策

冷凍タオル

暑い日に手軽なクールダウン方法です。前の晩に水で濡らしたタオルを冷凍庫に凍らせておきます。始めはカチカチですが到着する頃には程よく解凍されます。

 

汗をかいたところにクールダウンさせたあとに汗を拭き取れるので、スッキリとリフレッシュできますよ。

 

多汗症対策

 

乾いたタオルより濡れたタオルで拭いたほうが肌に適度な水分が残るので、さらなる発汗を抑える効果もあります。

 

水分補給

汗をかくと水分とともにナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが身体から失われます。ミネラル欠乏はイライラ、めまい、むくみ、疲れの原因になります。

 

暑い日の外出前後にはミネラルを含むスポーツドリンク摂取をとりましょう。

 

ベビーパウダー

簡単に始められるのがベビーパウダーです。汗そのものを吸収してくれるので、汗をかく前にケアしておくだけで効果が得られます。汗を吸収して肌もサラサラ快適になります。

 

吸収、速乾性に優れた下着

背中にかく汗は衣類にも気を使いましょう。ポリエステルなどの服は繊維に水が溜まりやすく、汗により雑菌をどんどん繁殖させる原因になります。

 

綿素材の衣服は吸湿性には優れていますが速乾性に関しては有効とはいえません。ただし綿は天然素材なのでニオイを吸収してくれるのに抜群の機能を発揮します。

 

少しでも臭いを抑えるには天然素材の衣服を選ぶようにすると良いです。吸収性や速乾性に特化して作られたインナーが多く出ています。

 

汗を抑える制汗剤

市販の制汗剤は添加物などで、身体に悪影響を及ぼす可能性が高くなり、刺激が強いものも多いです。今話題のサラサラスプレー、ボディミストの出番です。一言でいうと、ベトベトをサラサラに変えてくれる優れものです!

 

ボディサラミスト