足が常に湿っていて靴下が蒸れる時の足汗対策

「靴を脱いだら自分の足がクサイ事に気づき、足の臭いが気になるから外出先で靴を脱ぐのをためらってしまいます」

 

大量の足汗に悩んでいる女性の中には、こんな状態では恥ずかしい、人前に出られないと思っている人も非常に多いです。みんなと同じように過ごしているのに、なぜ自分の足元は臭いのか気になりませんか?

 

人間に身体には汗腺があり、そこから汗が分泌されます。足の裏や手のひらにも汗腺がたくさん集中しています。いつも足が湿っていて靴下が蒸れたり、靴の中が湿っている方は足の多汗症かもしれません。

 

足の多汗症とは、足裏に必要以上の汗をかく症状のことです。足汗の原因は様々ですが、緊張や強いストレスを感じると、汗腺が刺激されて汗が出やすくなります。

 

足の多汗症は汗で湿るのも困りますが、靴や靴下で覆われているため汗が蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいです。足の多汗症で悩む人は、同時に足の臭いや水虫に悩まされている人も多いです。

 

足の多汗症は汗をかいても体温が高くならないので、足は冷たいまま湿ってしまいます。足が冷える冬に汗をかき、指が痒いと思ったらしもやけになるのも多汗症が原因です。

 

足が臭い原因

足がクサイのは雑菌の繁殖が原因です。雑菌が繁殖し、汗と一緒に流れ出した皮脂や角質、汚れが加わり分解されることで、強烈な臭いを発生させていると考えられます。

 

靴に問題

1日中同じ靴を履いていたり、ゴムやビニールなどの素材で通気性が悪いと蒸れることがあります。

 

毎日同じ靴を履いていると雑菌がさらに繁殖し、靴のサイズが合わないことも蒸れを誘発します。足が緊張してしまい、汗などの老廃物が余計に出てしまうからです。

 

靴下

ストッキングなどの通気性や吸湿性の悪いものを履いていたり、足が湿ったまま靴下を履いている、スポーツなどで汗を大量にかいたあとに、履き替えていないことが挙げられます。

 

足に問題

ニオイの元を作る雑菌は、元々皮膚の常在菌と言われているもので、足そのものの不衛生が雑菌に直結していることもあるのです。

 

足の洗い方が不十分で、古い角質や汚れ、雑菌などが洗い落とせていない可能性があります。

 

足がクサイ時の対策

靴のニオイ対策は、湿気を取り除くのが第一歩です。嫌な臭いがついてしまった靴は連続して履くのをやめ、しっかり乾燥させるように心がけましょう。

 

風通しの良い場所で臭いを放出させ、しっかり乾燥させて雑菌が繁殖しないようにします。革靴などの場合は素材が傷むので日陰干し、または新聞紙を靴の中に詰めて湿気を吸い取るようにします。

 

フットカバーとストッキング

ストッキングで外出する時は、フットカバーを履いた後にストッキングを重ね履きするのもおすすめです。綿素材のフットカバーは汗を吸収してくれます。

 

生足でストッキングを履いた時の不快感、ストッキングによる足の臭さに悩む人にはおすすめです。足汗がひどい時はフットカバーだけ交換できるので、足や靴内部の状態を見ながら試してみて下さい。

 

足を頻繁に洗う

自宅にいる機会の多い人は、時間がある時に洗う・拭くことで、足の清潔を保つことができます。定期的に足を洗うことで雑菌の繁殖が防げば、臭いや水虫の解消が期待できます。

 

足を拭いた時の爽快感でストレス解消効果も得られ、精神的発汗を防ぐためにも洗う、拭くの2つを習慣にしてみて下さい。

 

臭いがきついときは消臭アイテム

調理用か掃除用の重曹があれば、不要になったストッキングに詰め、即席の消臭剤として活用できます。重曹は臭いの元になる「イソ吉草酸」対策に良いと言われています。

 

お酢を使った足浴

お酢には、雑菌の繁殖を防ぐ効果があると言われています。毎日出かける前や寝る前に、お酢を適量垂らした洗面器に足を15分ほど浸してみて下さい。

 

お酢のかわりに経済的な木酢液を使うのもおすすめです。お酢を使った足浴は足の臭いが消え、水虫対策にも効果的です。

 

ミョウバン

ミョウバンも昔から足のケアに使われています。焼きミョウバンは食品添加物として、薬局やスーパーで手に入ります。100gで60~70円程度と非常にリーズナブルです。

 

焼きミョウバンは50gを水道水1.5リットルで溶かし、2~3日放置してミョウバン水を作ります。これを20~50倍程度の水道水で薄めて、汗や臭いが気になるところに塗ったりスプレーします。朝出かける前にスプレーすると、1日持続することもあります。

 

足汗専用の制汗剤を使う

外出の多い女性は、制汗剤を上手く活用してみて下さい。ストッキングの上から使える足用制汗剤は、仕事の休憩時間などに気軽に使えるアイテムです。

 

またお風呂上がりに制汗剤を塗布する習慣を付ければ、翌朝以降の汗が抑えられるので、予防策で活用するのもおすすめです!