足の汗や臭いがひどい時の足汗を抑える対策

  • 足汗がひどくてぬるぬるする
  • 足汗のせいで足が臭い
  • ブーツを脱いだら足の裏の汗がしみて床に足跡がついた

 

夏であればまだしも、冬まで大量の足汗に悩まされている方は、意外と多いようです。大事な場面で足汗に悩まなくてもいいように、できることからしっかり対策をしましょう。

 

では、どうして足汗がひどくなってしまうのでしょうか?

 

足汗がひどい主な原因

人が1日にかく汗の量は、700~900mlといわれています。実は、私達の足の裏は汗腺が密集していて、汗をかきやすい部位と言われています。

 

足の裏は汗が分かりにくいので、感じないかもしれませんが、実は足の裏も大量の汗が出ています。

 

靴や靴下に包まれていので汗をかきやすいのです。そのため、気づかないうちに大量の汗をかいていることも珍しくありません。

 

靴などの蒸れ

足汗が多いと悩んでいる場合、通気性の良くない靴などによる足の蒸れが、原因の1つです。体温調節でかいている汗が靴などで蒸れてしまうことで、汗が蒸発できないのです。

 

下がるはずの温度が下がらずに、さらに汗をかくという悪循環に陥っていることが考えられます。

 

ストレスや緊張

ストレスを強く感じている時に多くなる汗をストレス発汗、精神性発汗と呼ばれています。

 

このような状態の時は、緊張していたりするものです。緊張したときに手に汗をかいたり、体中がベタベタしたりしてきた経験がある方もあるはずです。

 

精神的なストレスや緊張から汗が出る場合、手のひらや足の裏、脇、額などに集中して汗をかきやすいといわれています。

 

特に緊張が高まった場合でなくても、手や足などの末端に大量の汗をかく場合があります。日頃のストレスなどで、体の緊張とリラックスを司る神経のスイッチが乱れていることがあるからです。

 

そういった場合はストレスを発散するなど、日頃の生活習慣から体の調子を整えていくように心がけるようにして下さい。汗をかいている時間がながければ、臭いの原因や雑菌の繁殖の原因にもなります。

 

足汗の治療法

足裏多汗症の治療には、塩化アルミニウム外用制汗剤、イオントフォレーシス、ボツリヌス注射などがあります。

 

塩化アルミニウム外用制汗剤

水溶液を皮膚に塗ることで、汗腺を防ぎ一時的に汗を止める方法です。多汗症の場合は、寝る前に足裏など汗をかきやすい部分に塗って、翌朝洗い流します。

 

イオントフォレーシス

水を入れた専用機器に足裏を浸して、微弱な電流を約20分流す方法です。定期的に行うことで、汗腺にダメージを与えて汗を出にくくします。

 

ボツリヌス注射

汗が出やすい部分に注射を打ちます。交感神経の末端から出る神経伝達物質を阻害して、汗を減らします。一度注射すると約半年間は効果が持続します。

 

足汗の対策

通気性を確保する

汗が蒸発せず靴が蒸れてしまっている場合、通気性のよい素材の靴を選び、1日靴を履きっぱなしにしないなど、工夫して足元の通気性を良くします。

 

サイズの合った靴をはくことも大事です。サイズが大きいと、靴が脱げないように踏ん張り、足が緊張して汗をかきやすいことがあるからです。靴下をマメに取り替え、また靴は通気性の良いものを選ぶようにします。

 

運動する

運動不足と足汗には関係が深いです。普段から運動している人と習慣がない人では、発汗の量はもちろんですが、足汗の成分が違います。

 

運動している人の汗はサラサラで、臭いなどもほとんど無いです。それは、運動している人は自然と汗をしっかり流しているからです。

 

適度に発汗することが、身体にとっても重要です。運動不足の人は必要以上に大量の汗が分泌されます。

 

ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳など、全身に汗をかくような有酸素運動を定期的に行うようにして下さい。上手に汗をかけるのは、体温を調節するために大事なことです。

 

湯船に浸かる

全身に上手に汗をかき、のぼせない程度に体を温める入浴を取り入れましょう。湯船に浸かって、体温を上げて全身に汗をかくようにしましょう。

 

湯船にゆったり浸かって日々のストレスをほぐすように体を休めると、緊張やストレスからくる汗の対策にもなります。

 

足を清潔にする

足汗をかいてもそのまま放置していると、湿って雑菌がどんどん繁殖していきます。その雑菌でひどい臭いがしてくるのです。足を洗って靴下を新しいものに取り替えておく事が大事です。

 

悪臭の原因は雑菌です。足の指の間、爪などもブラシを使うなどしてしっかり洗いましょう。

 

足の臭いを対策するためのアイテム

足の臭いは、汗が雑菌や皮脂と混ざってしまうことが原因なので、臭いの元である汗を抑えることがポイントです。つまり、足汗を止めることで臭いも軽減させることができます。

 

人間の身体には汗腺があり、手術によって減らすことができるし、汗の量を減らすこともできます。

 

しかしお金がかかるし、もっと手軽に止める方法があります。それは、足専用の制汗剤です。吹きかけるだけで足汗を止める制汗ミストです。足サラは清潔な肌につけることで、汗や気になる足のニオイ対策になります。

 

制汗成分が凝縮されたマイクロパウダーが汗腺の元からブロックし、さらに足の嫌な臭いも強力にブロックしてくれます。

 

サラッとした使い心地で、足裏だけでなく、足の甲や膝の裏側、太ももの裏側など、汗をかきやすい部分にも使用できます。

 

シャクヤクエキス、ローズマリーエキスなどの保湿成分を配合しているので、足の汗を抑えながら、かかとの乾燥を防いでなめらかに整えてくれます。

 

朝出かける前にスプレーするだけで良いので、簡単に足汗対策ができます。100%足汗が出なくなったというわけではないですが、明らかに足汗の量が減っています。

 

まとめ

足サラは、足汗のぬめりやベタつき対策に、外出前にさっと手軽に使えるミストタイプの薬用制汗デオドラント剤です。汗をかく元である汗腺をしっかりブロックしてくれます。

 

送料無料のおトクな定期コースも用意されているので、気になる方はHPをチェックしてみて下さい!