顔の汗がポタポタ落ちる!どうすれば防止できる?

「他の人はそれほど汗をかいていないのに自分だけ顔から滝のような汗」 そんな悩みを抱えていると人に指摘されて恥ずかしい思いをしたり、化粧崩れで不便な思いをすることも…。

 

顔汗がひどいとハンカチが手放せなかったり、メイクが崩れてどろどろになったり。顔は脇の下や足の裏とは違い、汗が出ていることを隠しようがないのでつらいですよね。

 

運動したわけでもないのにビショビショになったり、滴り落ちるほど汗をかいていたら、多汗症かもしれません。

 

そんな厄介な顔汗を止めるための対処法です。顔に大量の汗をかくことで悩んでいたら、仕事や日常生活に支障をきたしてしまうことがないよう、早めに対策を取りましょう!

 

顔から汗が多く出る原因は、主に顔面多汗症や更年期障害があげられます。

 

顔汗が多い原因

顔面多汗症

顔が汗で湿っていたりポタポタするほど顔から汗が吹き出てしまうのは、顔面多汗症かもしれません。必要以上に汗をかいてしまうのを多汗症といいますが、顔に汗が多く現れるのは顔面多汗症といいます。

 

交感神経の失調により、日常生活に支障をきたします。気温や精神的ストレスの有り無しに関係なく、日常から多く汗をかくのが特徴です。吹き出る汗で化粧崩れ、常に顔汗が出ている、緊張するとポタポタ滴り落ちるほど顔汗が出るといった方は、顔面多汗症の可能性が高いです。

 

更年期障害

突然顔に火照りを感じて多量の汗をかく、ホットフラッシュというものがあります。これは、閉経後に女性ホルモンの一種エストロゲンが減少し、自律神経のバランスが乱れることが原因です。女性では誰にでも起こりうるものであり、顔汗による化粧崩れに悩まされることがあります。

 

その他にも糖尿病や自律神経失調症などの病気が原因で、汗を多くかくようになる場合があります。それでは、顔に汗をかかないようにするには、どのような対策をすればいいでしょうか?

 

体の一部を圧迫する

人の体には体の一部分を圧迫するとその周辺の汗が減り、かわりに反対側から出る汗が増えるという性質があります。強めに腕組みをしたり、胸から5センチ当り上のところを紐などで強く縛ったりして圧迫すると、その間だけ顔汗を減らすことができます。

 

冷やす

汗が出ている時は太い血管を集中的に冷やせば体温が下がるので、汗を止めることができます。顔汗の場合、首の後に太い血管があるので保冷剤、濡れたハンカチなどでその部位を冷やすと効果的です。

 

制汗剤を用いる

顔汗を抑えるためには制汗剤を使うという手段があります。ただしワキやボディ用の制汗剤は顔には刺激が強すぎます。最近は顔に塗る制汗剤が販売されているので、必ず顔用を使うようにして下さいね。

 

女性はメイク崩れがしにくくなるという嬉しいメリットがあります。手術などに比べてリスクが小さく、コストもそれほどかかりませんので、手軽に始めやすい対策と言えます。制汗剤が汗を抑えるのは、汗腺の出口を塞いで汗を出にくくする収れん剤が入っているからです。

 

長時間汗腺を塞いだままにすると体温調節にも影響するので、外出先から戻ったらすぐに洗い流すなどしてください。

 

ボトックス注射

美容皮膚科や美容外科などで受けられる自費診療の治療で、ボトックス注射というものがあります。ボトックス注射はシワを消す注射として知られていますが、汗を止める作用もあります。

 

多汗症対策としてワキや顔に打つことも可能です。効果が半年程度続きますが、治療費用が高額になる点に注意が必要です。

 

ETS手術

脇の下から内視鏡を入れ交感神経の一部を切除することで、胸より上の汗を出す指令を遮断するというものです。手のひらの汗、顔汗はもちろん、赤面症改善にも効果が見られます。

 

成功率が高く再発も殆どないですが、「代償性発汗」という副作用が現れます。これは、別の場所、例えば胸や背中、太ももなどから多量の汗をかくようになる症状です。