30代の顔汗による化粧崩れを防ぐ方法

暑くなってくると顔汗がたくさん出てしまって、化粧が崩れやすくなります。それもドロドロ崩れるのでバッチリメイクをしても、まだらにお化粧が落ちてしまって大変なことに…。

 

朝出かける前にした完璧メイクが、会社に出勤した時は既にドロドロに崩れていたら、1日嫌になりますよね。

 

夏になると朝しっかりメイクをしても顔汗をかいてしまい、メイクが浮いてしまったり、エアコンで乾燥してテカったり。だけどそんなに頻繁に化粧直しできないし、と悩んでしまうことはありませんか?

 

30代女性にとってお化粧は、女子力アップの一番の方法です。1日化粧が完璧であることが自信にも繋がり、メンタル面でも良い影響を与えてくれるものです。

 

今年の夏は、汗にも負けない化粧が崩れない方法をマスターしたいものです。化粧直しの仕方や汗で化粧崩れしない方法、顔汗におすすめの化粧品について紹介します。

 

顔汗の化粧直しのポイント

  • ティッシュオフして汗や皮脂を取り除く。
  • 化粧直しはマメにする。
  • 使い捨てのパフを使う。余分な汗や皮脂を吸い取り、清潔な状態でファンデーションが塗れる。
  • ハンカチを濡らして首の後ろを冷やす。汗がかきにくくなるので、汗の出方も違ってくる。

 

夏メイクが崩れる原因と対策

夏メイクが崩れる原因は汗や乾燥、皮脂の分泌が増えるということが挙げられます。エアコンで肌が乾燥すると、通常より皮脂がたくさん出ます。夏場には欠かせないエアコンですが、肌が乾燥しないようにしておかないと、皮脂と肌にのせた化粧品が混ざって化粧が浮いてしまいます。

 

そんなときに急ぎ足で歩いたり、エアコンの付いてない部屋に行って汗をかいたりすると、メイクが崩れてしまいます。

 

朝のメイク前の保湿は重要です。化粧水のあとすぐに下地を塗り始めると、保湿が不十分のため肌が乾燥します。すると皮脂が分泌されてメイクが浮いてしまうので、メイク前にしっかりと保湿をしましょう。

 

崩れないメイク

化粧崩れの原因は汗と皮脂です。同じ環境にいるのに、なぜあの人は化粧崩れしないのと思うかもしれませんが、汗や皮脂が出やすいのは個人差があります。体質が違うからで、崩れやすいのはオイリー肌や乾燥肌の人に多いようです。

 

化粧下地は、メイクをきれいに見せるため、または肌を明るく見せるためなどの役割があります。どうしてもメイクが崩れないようにしたい時、皮脂や汗を抑制できる成分を選ぶことで、顔汗などの化粧崩れを抑制できます。

 

顔汗を防いでメイク崩れを防ぐには、サラフェプラスを使いましょう。モンドセレクションでも受賞され、読者モデルも使っている顔汗の制汗剤です。汗を抑える成分や肌や美肌に良い成分も含まれています。7つの無添加なので肌に優しく使うことができます。

 

ファンデーション

化粧下地のあとはファンデーションを塗ります。下地がしっかりしていればそこまで厚塗りにならないので、好きなファンデーションを塗ると良いでしょう。肌にはパウダーファンデが良いといわれています。リキッドファンデーションでは油分が多いので、皮脂や汗の原因になりやすいです。

 

まとめ:

緊張や精神的に出てしまう汗や皮脂は、ケアでも抑えることが難しい場合もあるので制汗剤はお助けとなってくれます。サラフェプラスは、朝は洗顔後のスキンケアとして、メイクの上からも塗れることができ、メイク崩れ防止にもなります。

 

化粧崩れが起こる今すぐ何とかしたい場合、制汗剤をお助けアイテムとして使ってみるのも一つの手です。