50代の化粧崩れを防ぐベースメイクの選び方

仕事や家事に育児に、朝から慌ただしい1日を過ごして夕方頃に鏡を見ると、メイクがどろどろに崩れている、なんてことはありませんか?

 

メイクをする女性にとって、何より悪夢なのは化粧崩れです。化粧下地やファンデで工夫しても効果が薄かったり、そもそも乾燥肌で皮脂が原因になっていたりと、効果的な対策を模索している人も多いはずです。

 

汗をたくさんかく夏だけに限らずに、寒い季節は乾燥というメイクが崩れる要因があります。皮脂分泌が盛んで乾燥しがちな肌質をどうにかしてなおしたい…。

 

もしもあなたがいま化粧崩れに困っているとしたら、なぜ化粧崩れが起こるのでしょうか。化粧崩れにはいろいろな理由があります。

 

化粧崩れの原因

原因は大きく以下の3つにあります。それは汗、乾燥、皮脂です。

 

夏の化粧崩れの原因といえば、やっぱり汗が思い浮かびます。汗の成分は99%が水分です。夏の暑い日は、体温調節のためにかく汗は多量です。

 

乾燥

夏に乾燥?と不思議に思うでしょうか。心当たりはあると思いますが、空調の効きすぎた室内や車内は、冬の外気以上に空気が乾燥しています。紫外線のダメージや汗のかきすぎは肌の保湿力を落とし、肌が水分不足を進行さてしまいます。

 

乾燥した肌の上に、さらに肌を乾燥させる化粧品を塗るので、乾燥がどんどん進んでしまいます。こうなると肌表面は粉が吹いたような状態なので、化粧品の肌への吸着力が落ち崩れやすくなってしまいます。

 

皮脂

汗をかくと同時に皮脂も分泌させます。この皮脂が夏の化粧崩れの一番の原因です。化粧品は油分によって落ちやすくなります。それを汗で洗い流しているのだから、簡単に化粧は落ちてしまいます。

 

また、化粧崩れの原因は、スキンケアの時点で発生することもあります。

 

スキンケアの仕方を見直す

50代女性は乾燥を防ぐために保湿化粧品をのせている人が多いと思います。洗顔からスキンケアに続けて化粧に入る場合、化粧水や美容液、乳液、クリームなど使用した化粧品はしっかり浸透していますか。

 

スキンケア化粧品を使用した直後に手のひらが吸い付くように湿った状態は、メイクをのせるのはまだ少しベタベタしすぎています。しっとりしたからこれで大丈夫と、すぐに化粧下地をのせていたら、あなたの肌の上できちんと密着してくれません。このまま上からのせても崩れてしまいます。

 

これでは化粧崩れして当たり前です。メイク崩れによる化粧崩れの原因は、ベースメイクが雑であること多いです。化粧下地をきちんと落ち着くようにするには、スキンケア化粧品をしっかり入れ込んでおくことです。

 

ハンドプレスをし、スキンケアの最後に基礎化粧品を肌の中に入れ込みます。頬、顎、額というように抑えていきます。ハンドプレスを日々丁寧にする習慣をつけると、化粧崩れの防止はもちろんですが、美肌作りにも役立ちます。

 

崩れないメイク直しの仕方

よくトイレで化粧直しをする際に、目の下や頬などの脂を取り、パウダーファンデーションで仕上げる方法をとる方は多いです。実を言うと、この化粧直しはシワによるメイクのヨレが目立つことになり、化粧崩れの原因になっています。

 

50代の方がファンデーションを使う際には、化粧下地とフェイスパウダーを併せて使用するのがおすすめです。どちらもファンデをきれいに仕上げるための大切なベースメイクアイテムです。

 

ファンデーションは密着塗り

ファンデーションは、肌に密着すればするほど化粧持ち効果が上がります。リフトアップするようなイメージで、片手で頬をピンと張った状態でファンデを塗ると、肌にピッタリ密着して崩れ防止になります。さらにムラも毛穴も目立ちにくい美しい仕上がりに!

 

ファンデーションを塗り終わったら、何もついていないスポンジで肌全体を優しく抑えます。スポンジに余計な油分が密着するので、化粧崩れ防止は格段にアップします。

 

化粧下地

化粧下地はその後に使用するファンデーションのノリを良くして密着度を高め、化粧崩れを防ぐ効果があります。50代の肌はファンデーションと同様に自然に肌悩みをカバーし、肌に潤いを与えるものがおすすめです。ムラ付きや厚塗りを防ぎながら、顔の隅々まで伸ばすように塗ります。

 

フェイスパウダー

肌の余分な皮脂を吸着してファンデーションを崩れにくくします。さらにフェイスパウダーの細かい粉が光を反射し、気になる肌の乾燥による小じわや凹凸もぼかすことができます。50代の方には、微細なパールが配合されたフェイスパウダーがおすすめです。

 

パウダーをしっかり含ませたパフをそっと顔に当てながら付けます。最後の仕上げに、何もついていないブラシで余計な粉を払うときれいに仕上がります。

 

50代は顔だけでなく首も汗をかきやすいです。対策としてスキンケアの時に、日焼け止め効果のある化粧下地を首までしっかり塗るのが良いでしょう。仕上げにおしろいを重ねれば、汗崩れを抑えてサラすべ快適に。その上首も美しく見せてくれます。